『人生を楽しみ・今を楽しむ』実用書を作り続けていく

ジャンル

正誤表

トップ  > 書籍デジタルコンテンツ  > 語学  > 英語  > 2億語のデータでわかった本当に使える英語 ビッグデータ英会話

2億語のデータでわかった本当に使える英語 ビッグデータ英会話

高橋基治・阿部一/共著
サイズ : 四六変
ISBNコード : 9784791630110

本体価格 1200円 + 税

img
オンライン書店で購入する
img
電子書籍を購入する

※電子書籍は、電子書店により価格が異なることがあります。  
※販売価格につきましては、各電子書店にてご確認ください。 

内容紹介

2億語のデータでわかった本当に使える英語 ビッグデータ英会話
サイズ:四六変判 192ページ/ISBNコード:9784791630110




・2憶語を超えるビッグデータ(コーパスデータ)を分析してわかった、「本当に使える英語」が学べる!

・執筆は、『マンガでおさらい中学英語』(KADOKAWA)など、わかりやすい英語解説でおなじみの著者・高橋基治!

・応用言語学の大家・阿部一が集めた生の英語フレーズ(コーパスデータ)を惜しみなく活用!

・巷のフレーズ集とは違う、データに基づいた「本当に使える英語」が覚えられる!(内容例)

・ショック!...でもOh my god.は使わない!

・苦手=not good atは意外と使われてない?

・「ウケる」ときはほとんどthat's funny

・驚いたとき、思わず出る言葉はWhat? だった!

・うらやましくてもenvyを使うのは厳禁!

・忙しくても暇でもbusyを使う!

maybeは使うけど、perhapsはほぼ使わない?・付き合ってる? はAre you seeing~?が定番!など



紙面サンプル(クリックすると拡大されます。)

目次

1章 自分の気持ち、考えを伝えるフレーズ

2章 相手にお願いする・反応するフレーズ

3章 あいさつ、あいづちのフレーズ

4章 これだけ覚えればOK! な定番フレーズ