『人生を楽しみ・今を楽しむ』実用書を作り続けていく

トップ  > 書籍デジタルコンテンツ  > くらし  > ペット  > 教養としての犬 思わず人に話したくなる犬知識130

教養としての犬 思わず人に話したくなる犬知識130

教養としての犬 思わず人に話したくなる犬知識130

富田園子/著・ 菊水健史/監
サイズ : A5
ISBNコード : 9784791632510

本体価格 1400円 + 税

img
オンライン書店で購入する
img
電子書籍を購入する

※電子書籍は、電子書店により価格が異なることがあります。  
※販売価格につきましては、各電子書店にてご確認ください。 

内容紹介

教養としての犬 思わず人に話したくなる犬知識130

サイズ:A5判 224ページ/ISBNコード:9784791632510

――――――――――――――――――――
「科学×歴史×文化」で学ぶ犬のすべて――
愛するわがコのことがとことんわかる1冊
――――――――――――――――――――
こんな本これまでなかった!?
愛犬家のリベラルアーツ!
最先端の犬研究から
犬にまつわる歴史と文化まで
犬のすべてをとことん深掘りした1冊です。
「犬はみずから進んで〈家畜〉になった」
「ホモ・サピエンスが絶滅しなかったのは犬がいたから」
「オオカミにもっとも近いのは柴犬」
「犬は人の感情を鼻でかぎわける」
「盲導犬に向くのはつむじが左まわりの犬」
「古代ローマ人は犬にめろめろだった」
「犬においしそうな名前をつけたくなるワケ」
犬の起源、犬の身体、犬の知能、犬と人の絆......
知れば思わず人に話したくなる130の犬トリビアを
図解や資料写真なども交え
オールカラー224ページの大ボリュームで紹介します。
人気イラストレーターたちによる
すばらしい装画と挿絵も見どころのひとつ。
愛犬家はもちろん、創作や会話のネタとして
クリエイターやビジネスマンにもおすすめです。



紙面サンプル(クリックすると拡大されます。)

目次

1章:犬の起源をひもとこう
2章:知るほどおもしろい犬種と遺伝
3章:おどろきの身体能力と知能
4章:おどろきの生態と行動
5章:歴史や文化と犬との関係
6章:犬は人類の最良の友