『人生を楽しみ・今を楽しむ』実用書を作り続けていく

ジャンル

正誤表

トップ  > 書籍デジタルコンテンツ  > ビジネス  > 法律・相談  > 一番よくわかる 身近な人が亡くなったときの届け出・手続き・生活設計

一番よくわかる 身近な人が亡くなったときの届け出・手続き・生活設計

税理士法人TOTAL グラディアトル法律事務所 豊田眞弓(ファイナンシャルプランナー)/監
サイズ : B5判変
ISBNコード : 9784791629428

本体価格 1400円 + 税

img
オンライン書店で購入する
img
電子書籍を購入する

※電子書籍は、電子書店により価格が異なることがあります。  
※販売価格につきましては、各電子書店にてご確認ください。 

内容紹介

一番よくわかる 身近な人が亡くなったときの届け出・手続き・生活設計
サイズ:B5判変判 224ページ/ISBNコード:9784791629428

※無料ダウンロード書式サービスをご利用の方はこちらから。



身近な人を亡くしたときの 手続き、届け出から"その後の生活設計"まで、すべてわかる!

・身近な人が亡くなったとき、どうすればよいのか? に応える決定版。

・事務的な手続き、届け出だけでなく、お金の不安、生活の不安など、残された人の生活設計にまで寄り添う内容。

・複数の専門家の幅広い視点で「身近な人がなくなったとき」の対処法を掲載。

・豊富な記入例でむずかしい書類手続きも安心!

【内容例】 死亡診断書はいつまでにに提出?/火葬・埋葬には補助金が出る?/生前に受け取った財産は相続税の対象?/相続の話し合いがまとまらないときは?/遺族が受けられる補助制度や補助金は?/残りの人生にかかるお金はいくら?/今後の住まいはどうしたらいい?/お金の運用ってどうしたらいい?/キャッシュフロー表で今後の計画を立てよう など



紙面サンプル(クリックすると拡大されます。)

目次

《第1章》死亡後の届け出と手続き
《第2章》保険・年金の手続き
《第3章》遺産相続の手続き
《第4章》相続税の支払い
《第5章》身近な人が亡くなった後の生活設計