『人生を楽しみ・今を楽しむ』実用書を作り続けていく

ジャンル

正誤表

トップ  > 書籍デジタルコンテンツ  > 児童  > 青春と恋、そしてミステリー 説明がつかない現象と私が生徒会に入った説明(ワケ)

青春と恋、そしてミステリー 説明がつかない現象と私が生徒会に入った説明(ワケ)

葵日向子・木爾チレン・狐塚冬里/著
サイズ : 四六変
ISBNコード : 9784791627585

本体価格 900円 + 税

img
オンライン書店で購入する
img
電子書籍を購入する

※電子書籍は、電子書店により価格が異なることがあります。  
※販売価格につきましては、各電子書店にてご確認ください。 

内容紹介

青春と恋、そしてミステリー

説明がつかない現象と私が生徒会に入った説明(ワケ

サイズ:四六変判 288ページ/ISBNコード:9784791627585

1つの高校を舞台に、生徒会と10の部活をめぐる青春アンソロジー。

いたるところでリンクする登場人物たちの涙と恋と成長。

桜をめぐる痛々しくも、せつなく、愛しい、今までにない青春ミステリーです。

葵日向子:2話「バケツと虹」・4話「この声が響くまで」・7話「二人だけの冬の森」

木爾チレン:1話「説明がつかない現象と、私が生徒会に入った説明(ワケ)」・5話「165センチの光」・9話「桜の夢の跡」・10話「彼女と彼と、彼と彼女の噂」

狐塚冬里:3話「サイレント・サポーター」・6話「姿の見えない演奏者」・8話「友達がいない」



紙面サンプル(クリックすると拡大されます。)

目次

[第1話 生徒会]説明がつかない現象と私が生徒会に入った説明

[第2話 野球部]バケツと虹

[第3話 合気道部]サイレント・サポーター

[第4話 ミュージカル部]この声が響くまで

[第5話 バレーボール部]165センチの光

[第6話 吹奏楽部]姿の見えない演奏者

[第7話 図書部]二人だけの冬の森

[第8話 友達レンタル部]友達がいない

[第9話 美術部]桜の夢の痕

[第10話 生徒会]彼女と彼と、彼と彼女の噂