『人生を楽しみ・今を楽しむ』実用書を作り続けていく

ジャンル

正誤表

トップ  > 書籍デジタルコンテンツ  > 医学・健康・看護書  > 健康・美容学  > 京大病院が教える 血糖値を上げない正しい習慣

京大病院が教える 血糖値を上げない正しい習慣

稲垣暢也/著
サイズ : 四六変型判
ISBNコード : 9784791624096

本体価格 1280円 + 税

img
オンライン書店で購入する
img
電子書籍を購入する

※電子書籍は、電子書店により価格が異なることがあります。  
※販売価格につきましては、各電子書店にてご確認ください。 

内容紹介

一生続けられる糖尿病コントロール法

京大病院が教える 血糖値を上げない正しい習慣

サイズ:四六変型判 192ページ/ISBNコード:9784791624096


★★京都大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・栄養内科の最新エビデンスに基づいた、糖尿病の治療・予防のための、「本当に正しい37の生活習慣」を解説します。★★

すでに糖尿病を患っている人はもちろんのこと、糖尿病予備軍と診断された人にもぜひ読んでもらいたい一冊です。
血糖値を上げないようにコントロールすることはできます! いますぐ実践すべき、小さな改善をわかりやすく紹介します。
 

稲垣暢也

京都大学医学部附属病院 病院長
京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学 教授
日本糖尿病学会常務理事、日本病態栄養学会理事、日本糖尿病協会理事、
日本内分泌学会理事、日本医学会連合理事など


京都大学医学部卒業後、京都大学医学部附属病院、田附興風会北野病院で研鑽を積み、秋田大学医学部教授を経て、現職に至る。
京都大学附属病院は、糖尿病医療において栄養治療に力を入れており、医師と管理栄養士が協働。国立大学で最も多い栄養指導件数を誇る。


病院長として多忙な日々を送りながらも、臨床にこだわり、外来を担当。「糖尿病の治療は生活習慣の改善が重要。それは一生継続できるものでなければ意味がない」と、
なるべく禁止事項はつくらず、患者さんの声を聞きながらの診療をモットーとしている。

親しみやすい人柄と患者さんの目線に立った診療方針に、患者さんからの信頼は厚く、遠方から訪れる患者さんも多い。



紙面サンプル(クリックすると拡大されます。)

目次

はじめに

◎ひと目でわかる糖尿病

【第1章】すぐはじめるよい習慣すぐやめる悪い習慣

【第2章】元気な体に導く!健康習慣

【第3章】改善する!ありがち悪習慣

【第4章】自己流健康習慣の落とし穴

◎生活改善チェックシート